合宿免許の特徴その1

このサイトでは、教習所への通学と合宿免許の違いについて、かいつまんで整理します。
比較のポイントは、1.免許取得までに必要な期間、2.値段の目安、3.追加講習への対応、4.スケジュール管理、5.その他の5点です。

まずは1.免許取得までに必要な期間について説明します。
通学での免許取得を目指す場合、普通車の場合では、約2ケ月から3か月程度は必要です。
通学の場合は教習の予約がなかなか取れずにキャンセル待ちが続くこともザラで、最低でも2ケ月はかかると考えた方が無難です。
合宿免許の場合は2週間から3週間程度で取得可能であり、短期間で免許取得可能なことが合宿免許最大のウリです。
なぜならあらかじめ免許取得までのスケジュールが組み込まれており、必要な教習が予約されている状態でスタートするからです。
この違いは大きいと思います。
免許取得を目的に合宿するのですから、ロスが少なく、集中して免許取得を目指せます。

次が2.値段の目安について説明します。
通学の場合は20万円台後半から30万円超が目安となります。
スクールによっても違いますし、時期によっては様々なキャンペーンがあり、思いがけず格安で受講できることもあり得ますが、一般的にはこのくらいが目安です。
一方合宿の場合はそれよりも安くて20万円台前半から30万円以内が一般的です。
大きな違いは宿泊費、食費、教習所までの交通費などが全てパッケージになっていることです。
それで通学よりも安いのが特徴です。



◎管理人推奨外部リンク
激安キャンペーンなども行っている免許合宿の予約サイトです … 免許合宿

Copyright © 2014 教習所への通学との違い All Rights Reserved.